読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらママのかんたん!元気食

日々の食を通して、大切な人の健康を守りたい。そんなあなたの想いに応えます。

さつまいもは…〇〇します!

ご無沙汰しております。

そうこうしている間に、夏も終わり

季節は秋へ…

美味しいモノがいっぱいの、一番好きな季節です。

 

中でも、女性のみなさんがお好きなもののひとつ、さつまいもについて。

 

さつまいもをいかに甘く美味しく食べるか。

長年⁉︎研究してきた私が辿り着いた秘訣を、

今日は特別に大公開しようと思います♪

f:id:midori_0223:20160905062007j:image

 

それは…

なるべく時間をかけて火を通すこと。

 

加熱するとさつまいもが甘くなるのは、β-アミラーゼという酵素が、でんぷんを分解して糖に変えるから。

その酵素が最も活発に働く温度帯は70℃ということが分かっています。

つまり、加熱するときにこの70℃辺りをなるべく長くキープしてあげると、甘〜いさつまいもが食べられる!というわけです。

 

電子レンジでチンしたのより、石焼き芋が甘〜いのも、そのため。

 

早く食べたい!あなたは、細いイモを買いましょう。

アルミホイルで包んだら、魚焼きグリルに入れて、弱火でじっくり焼きます。

何か他のことをしながら30分ほど放っておけば、なんとも甘〜いシアワセなスイーツの出来上がり♪

焦げた皮の香ばしさも、たまりません。

 

細いイモが手に入らなかった…という場合でも、ご安心を。

その場合は、ジャーン!!

秘密兵器、炊飯器にご登場いただきましょう。

炊飯器に入る長さに切ったイモを入れたら、

水を、ひたひたになるまで入れます。

あとは炊飯スイッチを押すだけ。

炊き上がったら、ねっとり甘〜いさつまいもの出来上がり♪

 

もし固い場合は、お水を足してもう一度炊飯スイッチを押して…を繰り返してくださいね。

 

ホクホク甘〜いシアワセ、季節の恵みを楽しんでくださいね。